こちらは生食で美味しい蕪です。
食感がなめらかできめ細かく柔らかいです。
かぶ特有の硬さはなく、しっとりした感じです。

「もものすけ」のいう赤かぶがありますが
同じ様な味です。
辛味もなく、柿のようなフルーツ感があります。

通常のカブト違うのは皮です。

この様に上部に切り込みを入れると
そのあとは手で剥けます。
それだけ 皮も柔らかいということです。

鎌倉の根菜系はほとんどが皮も食べられます。

レンバイで見かけたらぜひ食べてみてください。
普通のかぶとは一味も二味も違いますよ。